2004年09月01日

僕は子持ち

初期作品集
私のことではありません。映画の話です。

ラッセ・ハルストレム監督の劇場用映画第3作目。広告代理店に勤める若者が、恋に落ち子供を授かり、喜び半分、不安半分で苦悩する姿を、温かくユーモラスに描いた作品です。
1979年の作品、しかも北欧ということで、退屈かなと思ってたんですが、意外にテンポよく楽しめました。
作家を目指しているだけあって(?)、この主人公はかなりすごい空想癖があり、なぜか英語を話すギャングみたいな人がよく出てくるんですが、それをみてると『ビューティフル・マインド』を思い出してしまった・・・。

スウェーデンって事実婚が多い国のようですが、主人公のカップルも結婚という形は選択しませんでした。いつ頃から事実婚が一般的になったのかは知らないけど、映画の中では児童福祉局のおばさんに結婚を勧められてました。この当時はまだ一般的ではなかったのでしょうか。。

『僕は子持ち』
  1979年 スウェーデン
  監督:ラッセ・ハルストレム
  製作:オーレ・ヘルボム
  脚本:ラッセ・ハルストレム、ブラッセ・ブレンストレム、オーレ・ヘルボム
  撮影:ローランド・ランディン
  音楽:ベント・パルマーズ
  キャスト:マグナス・ハレンスタム、アンキ・リダン、ミカ・ガベイ、
       リス・ニルヘイム、ゴスタ・エングストローム、ウルフ・ブランバーグ
posted by zazie at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。