2005年04月24日

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン』を観ました。一言で言うと、疲れた〜。 ケンカ別れしてしまい、衝動的に彼の記憶を消してしまった彼女。その事実に耐えきれず、自らも同じ行動にでた彼・・・。記憶を消去する課程が、同時に記憶をたどる過程になり、そして自分の気持ちを確認する課程ともなり、記憶の消去を中止しようとするのですが・・・。
 さすが、『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマン。訳分からな〜い(笑)。クレメンタインの髪の色だけが頼り、みたいな。
 とっても疲れて、もう一度観たいかと言えば「?」だけど、お互いの愛の深さを見せつけられる、いい映画だと思いました。
 
エターナル・サンシャイン
  製作年度:2004年
  製作国:アメリカ
  監督・原案:ミシェル・ゴンドリー
  脚本・原案・制作総指揮:チャーリー・カウフマン
  原案:ピエール・ビスマス  
  出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット イライジャ・ウッド マーク・ラファロ キルスティン・ダンスト トム・ウィルキンソン
posted by zazie at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17451217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。