2007年01月17日

24

24 シーズンV」 
 結局、1月8日に観終わりました。
 観てる間は、早く続きを・・・と中毒症状を示しますが、観終えてみると、「何でそこまでして観ないといけないのだろう・・・」と不思議に思ってしまいます。
 でも、でも、やっぱり観ないといけません。次はシーズンVIです。一体いつ出るんでしょう。
 あーでも、シーズンVIが出る頃には、子供も生まれて育児に追われてて、さらに子供の近くであんな精神衛生上よくないものを観ることはできないかも・・・。う〜ん。
タグ:DVD
posted by zazie at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年12月17日

ユナイテッド93

今日はDVDで『ユナイテッド93』を観ました。
ユナイテッド93



 つづく・・・
タグ:DVD 映画
posted by zazie at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年08月05日

ゲド戦記

先週の日曜日、『ゲド戦記』を観てきました。久々の日中の映画鑑賞。作品が作品なのと、夏休みと言うこともあって、小さな子供から中学生が多かったですね。もちろん、大人も多かったですけど。満席でした。

感想はと言えば・・・ つづく・・・
posted by zazie at 08:35 | Comment(1) | TrackBack(1) | 映画

2006年07月18日

守護神

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』を観に行ったとき、『守護神』という作品の予告編をやってました。なんというタイトルなんだ〜と思ったんですが、原題は『THE GUARDIAN』らしいです。ケビン・コスナー主演のハリウッド版『海猿』??
いや、単に予告編を見てすぐに『海猿』を思い出したんだけど、さすがアメリカ、いちいちスケールが違うな〜と思ったので、ちょっと書いてみただけなんですが。今のところそんなに観たいと思ってないです。それより、『スーパーマン リターンズ』や『スパイダーマン3』(これはだいぶ先?)を観たいなぁ。
posted by zazie at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年07月17日

パイレーツ・オブ・カリビアン

昨夜『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の先行上映に行ってきました。
2週間前に『M:i:III』の先行上映に行ったときは、レイトショーだったんだけど「先行上映のためレイトショー割引は適用されませんがよろしいでしょうか」と言われ、しょうがないから通常料金で観てきました。ところが、どうやら『パイレーツ・オブ・カリビアン』から、先行上映でもレイトショー割引が利くようになったらしく、1200円で観られました。これは大きいですよね。2人で行ったら通常より1200円安くなって、もう1人観られるって事になりますもんね。映画料金高過ぎ。
つづく・・・
posted by zazie at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画

2006年05月27日

ダ・ヴィンチ・コード

観てきました、『ダ・ヴィンチ・コード』。

21:20からのレイトショーで観てきたんですが、1週間仕事に頑張ってきた(^^ゞ?こともあって、最初ぼーっとした頭で観てたんで、あんまりついていけてなかったような・・・バッド(下向き矢印)つづく・・・
posted by zazie at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画

2006年02月12日

フライトプラン

昨夜『フライトプラン』を観てきました。(ネタバレ注意!!)続きを読む
posted by zazie at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2005年12月17日

歓びを歌にのせて

下に書いたとおり、今日は寝不足だったんだけど、1日中ホテルにいるわけにもいかないので、また映画を観てきました。

今日観たのは、『歓びを歌にのせて』。渋谷の Bunkamura ル・シネマで、今日から公開のようです。
世界的に活躍している指揮者のダニエルが、これまでの過労がたたり、体を壊してしまいます。それを機に、全てを捨てて・・・音楽すら忘れようとして、少年時代を過ごした田舎に戻っていきます。そこで、それぞれ問題を抱えながらも、歌を愛し、一生懸命に、かつ楽しみながらコーラスの練習を続ける聖歌隊のメンバーたちに触れることによって、音楽を愛する心、ひいては、人を愛する心を取り戻していくといった物語です。続きを読む
posted by zazie at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年12月16日

NOEL(ノエル)

久々の更新・・・。

研修で東京に来てます。
研修の方は今日で終了しましたが、せっかくなので日曜日まで、ウロウロしようと思ってます。

今日は、東劇で「NOEL(ノエル)」を観て来ました。続きを読む
posted by zazie at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年04月24日

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン』を観ました。一言で言うと、疲れた〜。続きを読む
posted by zazie at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年04月03日

ピエロの赤い鼻

ピエロの赤い鼻ピエロの赤い鼻』を観ました。
 舞台は1960年代のフランス。日曜日の度にピエロに扮してみんなの笑いの的になる小学校教師のジャック。そんなジャックを父としては愛しているが、どうしてもピエロになることが理解できず、常に仏頂面の息子リュシアン。そんなリュシアンに、ジャックの古くからの親友であり、ジャック一家と家族ぐるみのつきあいをしているアンドレが、父の秘密を語り始めるのだった。そして、舞台は第二次世界大戦末期、ドイツ軍占領下のフランスに移っていく・・・。

 笑いと哀しみが交錯する、とても温かな作品です。個人的にはかなり泣けました。途中、舞台が戦時下に移るということで、残酷なシーンもある一方、悲惨な状況下でも笑いが表現されており、大変豊かな作品だと思います。

 ジャックを演じたジャック・ヴィユレ氏は、今年1月28日、脳出血のため亡くなったそうです。残念です。ご冥福をお祈りします。

ピエロの赤い鼻
  製作年度:2003年
  製作国:フランス
  監督:ジャン・ベッケル
  制作:ルイ・ベッケル
  原作:ミシェル・カン
  脚本:ジャン・ベッケル ジャン・コスモ ギョーム・ローラン
  音楽:ズビグニエフ・プレイスネル
  出演:ジャック・ヴィユレ アンドレ・デュソリエ ティエリー・レルミット ブノワ・マジメル シュザンヌ・フロン イザベル・カンディエ
posted by zazie at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年12月12日

ハウルの動く城

ハウルの動く城』観てきました。公開後しばらく経ってるにも関わらず、土曜日の夜ということもあってか、満席でした。2時間前にチケットを購入に行きましたが、危うく買いそびれるところでした。
で、感想ですが・・・続きを読む
posted by zazie at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年10月23日

シークレット・ウィンドウ

シークレット・ウィンドウ』みてきました。また友人に連れられて、原作スティーヴン・キングとは知らずに観に行ってしまいました。
感想は一言、気分の悪い映画だと言うことです。
普段からあまりサスペンスとかホラーは観ないから、とにかく上映時間中苦痛でしょうがなかったです。でも、出て行くことも出来ず(折角来たしって感じで)最後まで観てしまいました。ちょっと、後悔。
posted by zazie at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年10月12日

スウィングガールズ

スウィングガールズ』観ました。
最初は『ウォーターボーイズ』の二番煎じ、二匹目のドジョウとしか思えず、あんまり観る気がなかったんですが、友達に連れられ観てしまいました。で、・・・負けました。結局引き込まれてしまい、最後には「ジャズっていいなぁ」「なんか楽器始めようかなぁ」状態です。単純ですみません。
彼女たち+彼も猛特訓してあそこまでできるようになったんですよねぇ。私にも出来ないはずがない。でも、長続きしないのが目に見えてるから止めといた方がいいですね。(このブログがいい証拠!?)
posted by zazie at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年09月01日

僕は子持ち

初期作品集
私のことではありません。映画の話です。

ラッセ・ハルストレム監督の劇場用映画第3作目。続きを読む
posted by zazie at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年08月22日

ディープ・ブルー

ディープ・ブルー昨日、『ディープ・ブルー』を観てきました。ナレーション以外は全く人間が出てくることのない、ただひたすら海に住む生物の生の営みを描いた作品です。「制作7年、ロケ地200カ所、撮影フィルム7000時間」という、莫大な時間と労力が費やされただけあって、その映像はとても感動的でした。所々ナレーションはあるけれど、詳しい解説をするわけではないので、何をしているのかよく分からない場面もあったのですが、どうやってとったのか不思議でならない様な映像が次から次へと出てきてホントに「すごい」の一言でした。特に深海生物の放つ7色の光なんかは、とても綺麗でいつまででも観ていたくなりました。ただ、やはりこれは生物の世界。すべての生き物が生きるのに必死で、当然捕食のための残酷なシーンが何度か出てきます。シャチの狩りの場面は、とても観ていられなくなります。しかし、これが現実なんですよね。とにかく素晴らしい作品でした。

ディープ・ブルー
  製作年度:2003年
  製作国:イギリス、ドイツ
  共同監督・脚本:アラステア・フォザーギル
          アンディ・バイヤット
  音楽:ジョージ・フェントン
  演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  ナレーション:マイケル・ガンボン

『ディープ・ブルー』公式サイト
posted by zazie at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年08月15日

パール・ハーバー

奇しくも終戦記念日に『パール・ハーバー』を観てしまいました。
戦争について再考しようなどという殊勝な考えがあったわけではなく、少し前にAmazonで『アルマゲドン』『パール・ハーバー 特別版』パックというのが¥2940でしかも20%offで売ってたので、思わず買ってしまってて、先週『アルマゲドン』を観たので、今日『パール・ハーバー』を観たのでした。

基本的にあまのじゃくの私は、世間が騒いでるとかえって観たくなくなるんです。本なんかもベスト・セラーなんて書かれるとそれだけで買う気がなくなったりして。いやな性格ですね。

しかし、騒がれてただけあってすごかったですね。空爆のシーンなんかはいたたまれなくなって、何度も中断しながら観てしまいました。映画館で観てたら、心臓がもたなかったかもしれません。観ながら思ったことは・・・「日本人はどういう気持ちで観てたんだろう」ってことです。単なるエンターテインメントとして観るならやっぱり、ダニーやレイフの側に立って彼らの勝利を喜べばいいんだろうけど、その相手は日本人ですからね。とっても複雑。友情と愛情の物語としてのみ観て、戦いはあまり気にしないとか?みんなが観てるときに観てないから、語り合うことができてないのでした。

いずれにしても戦争って悲しいと思いました。いつになったら戦争ってなくなるんでしょうね。
posted by zazie at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年07月11日

シュレック

ビデオで観ました(字幕版)。2ではなく、1作目です。
普通に面白かったです。テンポもよく、有名な童話の登場人物なんかもたくさん出てきて楽しめました。ただ、プリンセス救出なんかは、あっけなく成功したり、ドラゴンもなぜか○○○○○たりして、あんまり深みはないですね。
とにかく、これで、2を観る準備はできた、っと。

シュレック
  2001年 アメリカ
  監督:アンドリュー・アダムソン ビッキー・ジェンソン
  声:マイク・マイヤーズ キャメロン・ディアス エディ・マーフィ 
    ジョン・リスゴー ヴァンサン・カッセル ピーター・デニス 
    ジム・カミングス
 怪物シュレックと、なぜか彼についてくるようになったおしゃべりロバのドンキーの、プリンセス救出劇+α。
posted by zazie at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年07月08日

小さな中国のお針子

小さな中国のお針子DVDで観ました。
予備知識なく観たんですが、結構良かったです。

小さな中国のお針子
  2002年 フランス
  監督:ダイ・シージエ
  キャスト:ジョウ・シュン チュン・コン リィウ・イエ
       ワン・シュアンバオ ツォン・チーチュン
       ワン・ホンウェイ シャオ・ション
 舞台は1971年、文化大革命下の中国。反革命分子の子として、都会から山奥に送り込まれたインテリ青年2人と、そこに住む美しいお針子の少女との恋の物語です。
彼らにとってとても無知に見えた彼女が、実は一番革新的だったのかもしれません。青年たちに本を盗むようそそのかしたり、最後には○○○○○○たり・・・。彼らは、彼女の未来にほんの小さな風穴を開けたにすぎなかったのかも。知ることが幸せかどうかは別にして。

全然、関係ないけど、本を燃やすシーンを観て『華氏451』を思い出しました。
トリュフォー作品の中でも私の好きな作品です(失敗作とも言われてますが・・・)。
posted by zazie at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2004年05月30日

愛してる、愛してない・・・

愛してる、愛してない人に、自分の観た映画や読んだ本を薦めたりすることはほとんどしないんだけど、今、いろいろな人に観て欲しい映画があります。
それが、この『愛してる、愛してない・・・
理由は観てもらったら分かるかな?とにかく予備知識なしで観て欲しいのです。
ちなみに主演は『アメリ』のオドレイ・トトゥ。だからと言って、『アメリ』の再来を期待してはいけません・・・。
もったいぶってるようですが、とにかく観て欲しい。
posted by zazie at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。